坪沼産農産物のおいしさや豊かさをPRするために、坪沼産農産物を使った新たな坪沼の名物料理を作ろうと婦人部が中心となって取組んでいます。

スープのレシピ開発

婦人部と衝撃デリバリー、ロバート馬場さんが、どのようなスープにするか(ベースを何にするか)、何をトッピングするか等、試行錯誤しながら検討を行いました。

麺の食べ比べ、スープのレシピ決定

(株)だい久製麺に製造していただいた仙台坪沼米を配合した3種類の試作麺(配合割合:30%、40%、50%)と、前回検討したスープのレシピやトッピングを合わせて、食べ比べを行いました。検討した結果、米の旨みも感じつつ途中で麺が切れることも少ないことから、40%配合した麺を使用することに決定しました。また、この麺に合わせたスープのレシピも決定しました。

イベントに出展!(第3回全国ふるさと甲子園)

坪沼の新ご当地グルメ「仙台坪沼米うどんフォー」のお披露目を目的に、秋葉原で開催された「第3回全国ふるさと甲子園」に出展しました。この日のために制作した黄色のお揃いのポロシャツを着用しながら、ブースに来ていただいたお客様に対してうどんフォーの提供や仙台坪沼米のPRを行いました。

収穫祭でPR・試食提供

坪沼の新ご当地グルメ「仙台坪沼米うどんフォー」を地元のイベントでPRするため、田舎の収穫祭で試食提供を行いました。

(株)だい久製麺による商品開発

「仙台坪沼米うどんフォー」の商品化に向けてご協力いただいている (株)だい久製麺を訪問し、スープの試食や商品について意見交換を行いました。

発表試食会を実施!

仙台市内の中心部で、マスコミや一般消費者の皆様を対象に、「仙台坪沼米うどんフォー」の発表試食会を実施しました。
当日は、ロバート馬場さんや衝撃デリバリー、(株)だい久製麺の中楯代表取締役社長のほか、仙台市内で料理教室を主宰するcookinglaboの鈴木様と高橋様、センダイガールズプロレスリングの橋本選手とカサンドラ宮城選手、吉本所属の宮城県の住みます芸人「爆笑コメディアンズ」の半澤様と秀作様、伊達忍者黒脛巾の皆様、伊藤副市長にご出演していただき、試食後に様々な方法で感想を発表していただきました。
発表会終了後は、観覧していいただいた皆様に試食していただきました。

商品の詳細は坪沼ブランドページをご覧ください