仙台坪沼活性化推進協議会 平成29年9月号

8月は本当に雨に悩まされましたが、今月は稲刈りも始まりますので、天気に恵まれ無事収穫出来ますようお天道さまに祈るばかりです。

衝撃デリバリー畑交流イベント「流しフォー」

 

和田チームの流しフォー

佳津山チームの流しフォー

 

さて、8月は夏休みにもあたり、様々な行事がありましたが、その中でも11日には、衝撃デリバリー畑交流イベント「流しフォー(そうめん)で坪沼を知ろう!楽しもう!」を北区のゲートボール場の公園で開催しました。これまで衝撃デリバリーと宮城大学の学生が様々な企画を考えてきましたが、イベントとしては初となるもので、集まった学生が和田・佳津山の2チームに分かれての一風変わった流しそうめんの対戦で、地域住民と一緒に楽しく交流を深めることが出来ました。

 

ふるさと甲子園

26日には東京の秋葉原で開催された食のベント「全国ふるさと甲子園」に吉本の企画のもと、ロバート馬場さんプロデュースの「坪沼うどんフォー」を出品したところ、衝撃デリバリーや地元からのスタッフのがんばりもあり、おしくも賞には届きませんでしたが、大変好評を頂きました。今後の商品化にこうご期待です。

ピザ釜作り

坪沼米粉のピザ試作会

27日には、新名物第三弾となるよう「坪沼米粉ピザ」と「ピザ釜」を作りました。ピザ釜は宮城大学との企画会議で発案され、ロバート馬場さんからも下命されていたもので、衝撃デリバリーが経験者からの指導や有志の協力を受け、ロバート馬場さんにも関わってもらい、今後交流人口の拡大のために使えるよう完成させました。ピザの試作品作りでは天気にも恵まれた野外で、プロ並みのBaBa☆chan会の皆さんと爆笑コメディアンズの手も借りて、米粉生地に“ずんだ”や様々なものをトッピングしたりと、奇想天外ながらも美味しいピザとなるよう吟味しながら考えました。

坪沼米PR大作戦・青葉城で武将隊と

坪沼夏祭り・山田祥子さんと

 

その他、坪沼米PR活動として、仙台七夕期間中に、全国から訪れる観光客向けに中沖の皆さんと青葉城での販売会と予約販売の宣伝を行ったり、坪沼夏祭りのMCや、坪沼の二寺の行事に参加したり、球技大会への出場などで地域を盛り上げました。

子供会行事

 

坪沼球技大会

また子供会行事にも参加し、坪沼の子供たちとふれあったり、勉強の指導もしました。

9月は稲刈りイベントや、坪沼ブランド作りの様々な企画がありますのでご協力をよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です