仙台坪沼活性化推進協議会だより 平成28年7月号

5月に市民とともに田植えしたロバート馬場農園の稲も、坪沼の恵まれた自然環境の中、みんなの愛情を受けすくすくと伸び、農業の初心者からはじまったお笑いコンビ・農業芸人キングビスケットの二人とともに日に日に成長しています。

また、田植えイベントで予約を受け付け始めた「ロバート馬場農園 こだわり米」も順調に申し込まれております。引き続き坪沼米のブランド化に取り組んでまいりますので、それに見合う米作りに地域挙げてのご理解ご協力をお願い致します。

さて、6月になってからは、米以外にも坪沼の農産物のブランド化に向けて、ロバート馬場監修のレシピ(料理など)を考案するため、まず18日の土曜日夕方にたくさんのご婦人方にお集まりいただき、馬場さんとの懇談会を開いております。お話も盛り上がり、新しい坪沼の名物を作るため、婦人部中心にみんなで考えていくことになりました。吉本興業や仙台市のバックアップもあり、地域のやる気次第で大きく広がる夢のある事業となっておりますし、またとない機会、今後も馬場ちゃんやキングビスケットとの楽しい企画をしてまいりますので、その際はお誘い合わせご参加ください。

つぎは7月2日の「蛍と平家琵琶の夕べ」、ロバート馬場さんがやってきて一緒にPRを中心に活動していただきます。その後も7月23日(内容調整中)など幾度か坪沼に来て私たちの応援団としてがんばっていただくことになっておりますので、地域の皆さんにもその思いに応える意味で、お手伝いや応援にいらしてください。

7月も、キングビスケットの活動ともども、よろしくお願い申し上げます。

18日のロバート馬場&キンビスの活動風景と婦人部懇談会の様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です